1. TOP
  2. メンバー
  3. 坂本 龍太(さかもと りょうた)

坂本 龍太(さかもと りょうた)

京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授

研究関心:

ブータン王国における高齢者医療の展開
日本における公衆衛生の歴史と今後のあり方
人間の生活環境下に潜むレジオネラ症の感染源

研究概要:

ブータンにおいて、持続可能な地域在住高齢者の健康診査、及びその後のフォローアップを中心とした包括的なヘルスケア・システムを創出することを目的とする。社会の高齢化は世界的に進行しており、地球上で1950年の時点で5%ほどであった65歳以上の人口は2009年までに8%弱になり、2050年までに16%ほどになると推測されている。ブータンもその例外ではない。ブータン王国保健省の報告によれば、ブータンの0歳児の平均余命は2005年に66.3歳 (女性66.8歳、男性65.6歳) であり、65歳以上の人口が2005年の29745人 (4.7%) から2030年までに58110人 (6.6%) に倍増すると試算している。日本の場合、65歳以上の人口は1940年 (昭和15年) の4.7% から伸び続け、2010年 (平成22年) 9月15日の時点で23.1%という超高齢社会となった。ブータン政府は1961年以降5年毎に国の5カ年計画を作成してきたが、高齢者に対する保健対策はまだ手つかずの状態である。本研究では、ブータン王国保健省と協力してブータン東部のカリン地区において往診を含めた高齢者健診を経年的に実施する予定である。世界中で得られた最新の知見に基づきながら、現地で住民とともに持続可能で地域に即した健診・ケア体制を創り上げていく。

http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/about/staff_all/division1/sakamoto/